TS的な何か(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS TSBR 24話

<<   作成日時 : 2009/11/02 22:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

-バラす気はなかった。-

俺はそんなこと考えもしていなかった。

「どっちにしろこの状況だったら疑いはかかると思うけど、俺は言わないよ。」
「そ、そうよね、健一君は言わないでくれるよね?良かったぁ〜。」

安心した加奈子は、軽い足取りで教室を出て行った。

「あんな簡単に安心しちゃうなんて、健一君への信頼が高いのね。でも、それは悠紀夫クンとしてなのか加奈子さんとしてなのか、どっちなんでしょうね♪」
「別に、どっちでもいいじゃないですか」
「まあそういうことにしといてあげるわ。それより、健一君は誰かと入れ替わらないの?」
「強制じゃないんでしょ?じゃあ、自分の好きにさせてもらいますよ」

恭子先生の顔が少し残念そうに見えたが、俺は気にせず教室に居続けた。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
TSBR 24話 TS的な何か(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる