TS的な何か(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS TSBR 70話

<<   作成日時 : 2009/11/15 03:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

-変化-

「おっ、身体がムズムズしてきた。」
廣志の身体は大きく変わろうとしていた。制服を押すように膨れていた腹は、どんどん縮んでいき、横側にはくびれができ、スッキリしたお腹になり、ズボンの上からでもその太さがわかる足は、肉が8割ほどなくなり、さらに長くなり、ズボンと靴の間にはその細くてキレイな足が見えるようになり、ズボンはお尻だけが食い込むようになり、股間のモノは隠れて見えないがしっかりとなくなり、太い腕は細くなり、ゴワゴワした手は小さくなり、指は細くなり、可愛らしい手に生まれ変わり、肥満のために少しふくらみのあった胸は、まわりの肉がどんどん無くなると同時に、形も大きさも女性のものになり、制服の上からでもその存在が確認できる。そして、さらに変化は続き、首は細くなり、その上に乗っている頭からはどんどん肉が消えていった。ほっぺたからは肉がどんどんなくなり、二重あごはシャープなあごになったので、顔のラインがスッキリし、小顔になり、セットも何もしていないボサボサの髪は、肩まで伸びるやわらかいブラウンのストレートになり、手入れなんてした事もない、する必要もない眉は、毎日何回も手入れされている細い整った眉になり、小さい目はくりっとした大きな目になり、脂が大量に浮き出ている鼻は、清潔でキレイな鼻になり、多少歪んでいる唇は、ピンク色のつやつやな唇になり、デキモノでいっぱいの額は、透き通った白い肌だけの額になった。
変身を終えた廣志は、体育祭か何かで応援団長をするために学ランを着た亜津沙に見える。
一方の亜津沙の身体の高菜は、どんどん身体が膨れ上がっていった。
スカートの下から見えていた美しい細い足には、どんどん無駄な肉が付き、スカートで見えないが股間の内側からはパンツを押し出すようにモノが生え、亜津沙自慢のスッキリしたお腹にも肉が付いていき、見るも無残なものになり、形の良いツンとした胸は、胸だか脂肪だか肉だか何がなんやら分からないようなものになり、か細い腕にはこれまた肉が付いていき、可愛らしい手にもどんどん肉がつきゴワゴワした手になり、細い首は太く、でっぱりを持つようになり、その上に乗っている小顔の頭も膨れ上がり、シャープなあごは二重あごになり、ブラウンのストレートの髪はどんどん短く、そしてボサボサになっていき、手入れを欠かさない細い眉は、ゲジゲジになり、大きな可愛らしい目は小さくなり、清潔な鼻は脂たっぷりの鼻になり、つやつやのピンクの唇は、黒く分厚いものになり、髪の間から見える白いキュートな額は、デキモノでいっぱいの額に変わった。
これで、廣志がセーラー服を着ているようにしか見えないようになった。しかも、あまりあちこち破れていないようだ。元々は高菜の制服なので、サイズ的には大丈夫のようだ。

こうして、学ランを着た亜津沙と、セーラー服を着た高菜が向かい合う事になった

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
TSBR 70話 TS的な何か(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる