TS的な何か(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS TSBR 76話

<<   作成日時 : 2009/12/06 01:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

-後半戦-

「みんないい感じに入れ替わってくれてて先生嬉しいな♪でも、そろそろ可愛い子が尽きてきそうだからそろそろ補充しないとね。」
そんなことを言い出す恭子先生。…ということは
「補充…って、俺たち以外にも人がいるんですか?」
「そうよ。だって、さすがに美女ぞろいのうちのクラスとはいえ、そこまで多くはないでしょ?だから、用意してあげたの。…それにしても、生徒のためにここまで考えてあげる私って教師の鏡だわ!」
俺は恭子先生の話のどうでもいい部分を適当に聞き流した。でないとこっちが疲れるだけだ、マジで。
「……で、その人達はどこに、何人ぐらいいるんですか?」
「実はね、隣りの部屋にいるのよ。数は…まあ見てのお楽しみね♪」
俺にも見せる気かよ…まあ他にやることもないので、どんな人がいるかぐらいかは見てもいいだろう。
「じゃあ今から彼女たちを開放しに行くわ。」
そう言って恭子先生は隣りの教室の鍵を開け、中へと入って行った。続いて、俺も入って行った。
「どう?これだけの良質な身体を集めるのって苦労したんだからね。」

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
TSBR 76話 TS的な何か(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる