TS的な何か(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS TSBR 90話

<<   作成日時 : 2009/12/06 01:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

-そのころ、中庭では…-

「おい、もういいだろ?早くあの教室に行ってみようぜ!」
「まあ待てよ、ここに誰かがいるのは間違いないんだから、もう少し探そうぜ。」
「それは分かってるけど、どっちにしろ一人だけだろ?教室にはもっといっぱい人がいるから、そっちのほうがいいだろ?」
「…それもそうだな。見つかっても誰がなるかでケンカしそうだしな…分かった、行こう!」
「よし!へへっ、どんな子がいるんだろうな〜」
「っていうかこれってさ、俺たちが今まで必死に追いかけてたのって、無駄じゃね?」
「まあまあ、そう言うなって。」






「ふぅ〜…危なかった…」
男子グループが去るのを隠れて待っていっていたのは、さきほど教室から飛び下りた女の子、宮沢梨花だった。
梨花はこの学校の3年生(健一たちは2年生)で、ルックスよし、性格よし、成績よし、と、三拍子そろっている。特に、成績はT大に首席で合格できるほどのものである。ただ、運動は苦手らしく、走っても泳いでもいつもビリであるが、その頑張る姿を評価されてか、苦手な体育ですら『5』だ。



「…今のうちにどこかに逃げないと…」
ただでさえ足が速くない上に、飛び下りた時のけがでどうしようもなくなっているので、全員があの教室に集中してる今のうちに逃げるつもりだ。「ここから一番近いのは……あそこね。」
そう言って梨花は、慎重にその場所へと向かっていった。

そこは…

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
TSBR 90話 TS的な何か(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる