TS的な何か(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS TSBR 98話

<<   作成日時 : 2009/12/06 01:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

-お互いの姿へ。-

2人とも全裸のため、その変化をハッキリと見ることができる。
細くて長い楓の脚はどんどん短くなり、股間からは男のモノが生え、胸にある二つの膨らみは消え失せ、何もなかったワキからは毛がボーボーに生え、サラサラのショートの髪は男の短い髪になり、眉は太く濃くなり、女の子らしい二重の目は細い一重になり、笑うと見える白くて並びの良い歯は、やや黄ばんだ並びの悪いものになり、口回りとあごにはうっすらと髭が生えるようになった。これで楓の身体からは楓のパーツがすべて無くなった。
そして孝太の身体はというと、短かった脚は長く細くなり、股間から生えていたモノはすっきりと跡形もなくなり、おしりは突き出るようになり、平らな胸元には形の良い胸が二つあらわれ、ワキからは毛が抜け落ちてツルツルになり、立てていた短い髪は、サラサラのショートの髪になり、やや太くて濃い眉毛は、女の子らしい薄く細い眉になり、一重の目は二重になり、並びが悪く黄ばんでいた歯は、白くて並びの良いものになり、生えていた髭はすべて無くなった。これで孝太は楓の身体のパーツ全てを奪い取った。
身体の変化が終了し、楓(孝太)は自分の身体をペタペタ触ってその変化を確かめていった。
「あ〜♪あ〜♪わたしはくどうかえで〜♪」
その声も当然、楓の声なのだが、いつもの声よりも少し気の抜けたような声になっていた。
一方、元楓の孝太は、怯えたりするわけでもなく、ぼーっと立っていた。
「楓さん、さっきまで孝太だった楓さん、気分はどうですか?」
ニコニコしながらほたるが聞く。
「最っっ高だ♪憧れの楓さんになれたんだからな♪見ろよ、この長い脚、このムネ、このムダ毛一つ無いカラダ…これが今の俺だなんておかしくなりそうだ♪」
そう言いながら、今の自分自身の身体、楓の身体をギュッと抱き締めた。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
TSBR 98話 TS的な何か(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる